USB内視鏡
HKT-USB (type 1 , type 2 , type 4)

USB内視鏡 −HKT-USB−

USB内視鏡 HKT-USBの概要

HKT-USBは専用のモニタを使わず、Windowsベースのパソコン画面に直接内視鏡画像を表示させる内視鏡用インターフェイスです。内視鏡の駆動電源はパソコンのUSB電源を使うので、内視鏡用のバッテリーを持ち歩く必要がありません。
HKT-USBには3種類のタイプがあり、type1はφ1.8内視鏡(弊社型番:HNL-1.8CAM)に対応し、type 2はφ2.9mm内視鏡(弊社型番:HNL-2.9CAMシリーズSQタイプ)に対応し、type 4はφ4.6mm内視鏡(HNL-4.6CAMシリーズSQタイプ仕様は除く)に対応します。

主な特長

1. お使いのPCに接続可能
2.画像保存(キャプチャー)機能搭載
3.オートゲイン/マニュアルゲイン切り替え可能 (Type2, 4のみ対応)
4.LED照明の調光機能搭載 ・先端可動型工業用内視鏡も接続可能

外観図

USB内視鏡
HKT-USB type1, HKT-USB type2, HKT-USB type4
HNL-2.9CAM カメラの寸法図

仕 様

型番
HKT-USB type1 HKT-USB type2 HKT-USB type4
対応OS
Windows7以上
入力
HNL-1.8CAM
HNL-2.9シリーズ
HNL-4.6CAM120SQ
ISG-4.6CAM120SQ
TUB-4010CAM120SQ
HNL-4.6シリーズ
(SQタイプ仕様は除く)
インターフェイス
USB 2.0
電源
USBバスパワーより供給
寸法(mm)
122 x 45 x 23mm
重量
100g
付属品
USBケーブル (1m)

*仕様は改良等のため予告なしに変更することがあります。
本品は工業用です。医療用としては使用しないで下さい。

このページのトップへ↑